うつ病に悩む方にお知らせ

人に助けてもらう

産後うつを完全するためには、しっかりと病気について理解することが大切になります。理解をすることで、しっかりと治療することや予防することができます。また、一人で頑張らず、いろいろな人に助けてもらうことが大切に成ります。

詳細を読む

うつを改善する

産後うつを改善するためには、しっかりとうつ病のことを知ることが大切になります。また、初めて子育てをするときには、一人で頑張らず、親や夫の助けをしてもらいましょう。そうすることで、うつ病を回避することができます。

詳細を読む

病気を知る

病気のことを知ることで、正しい治療をすることが出来ます。また、母親だけでなく、父親も知ることで、産後の子育てを手伝ってくれます。鬱になったときには、正しい治療をすることが大切に成ります。

詳細を読む

症状を知る

産後の変化とうつの症状

妊娠・出産の経験は、女性の人生の中でも大仕事であります。 10ヵ月もの間、大切にお腹の中で育てあげ、今までに経験したことのない痛みと耐えながら命がけで出産をするのですから、初めて赤ちゃんを抱き上げた時の感動と愛しさというものはこの上ないものです。 産後、ホルモンバランスは崩れ、元の体に戻るのに1ヵ月はかかると言われており、母親も出産の疲労をぬぐえないままに育児が始まります。 そして、赤ちゃんは昼も夜も関係なく泣いては不快を訴えます。 初めての育児でうまくいかない苛立ちを覚え、そして、産後うつを発症してしまうのです。 産後うつの症状は、倦怠感がずっと続いたり、日常生活で今まで出来ていたことができなくなったり、また、食欲がわいてこないこともあります。

経験からみる産後うつとの向き合い方

私も、初めての出産をした後、産後うつのような状態に陥りました。 一生懸命あやしてるのに、泣き止まない赤ちゃんをみて、母親としてダメな人間だと思うこともありました。母乳の出が悪くて焦り、無性に泣きたくなることもありました。 自分を追い込み 、自分だけがこんな思いをしてるのではないかと、劣等感にかられることもありました。 今思うと、これはまさに産後うつだったのだなと思えるのですが、その当時はいっぱいいっぱいになっていました。 産後うつになりやすい人は、責任感が強く、完璧主義ともいえるほどまじめで頑張りやさんなことが多いようです。 確かに、その当時、こうしなくちゃいけないとマニュアル通りの育児をしていました。息がつまってしまい、ある程度手を抜くことを覚えた辺りから、育児も楽しく思えるようになったのです。 産後うつとの向き合い方は、肩の力を抜いて自分ペースの育児を楽しむことです。育児に正解はないのですから。あのときの自分にそう言いたいです。

産後うつはうつ病の一種

産後うつはうつ病の一種で、出産によるホルモンバランスの乱れや、慣れない育児へのストレスなどが原因で起こると言われています。赤ちゃんの泣き声にイライラしてしまう、といった精神的な症状から、食欲不振や不眠といった身体的な症状があり、健康状態に影響を及ぼすことはもちろん、悪化すると本当に「うつ病」になってしまう可能性もあります。そうならないためにも、産後うつはきちんと病院で治療するのが良いでしょう。 東京都内には、特に産後うつの治療に力を入れている心療内科があります。ホームページに電話番号も記載されているので、気になることがあれば気軽に相談してみるのがおすすめです。診察は電話で予約をすれば受けることが出来ます。

赤ちゃん連れでも受診可能

前述の心療内科は、小さな子供連れでも受診することが可能です。産後うつの場合、基本的には赤ちゃんのいる人が受診することになりますので、赤ちゃん連れでも受診できる医院は通いやすいと思います。おむつ替えスペースやキッズスペースも完備されており安心です。 また、完全予約制で計画的に診療を受け付けているため、プライバシーが守られる点も安心して受診できる魅力のひとつです。明るく安らげる雰囲気の待ち合い室で、リラックスしながら過ごすことが出来ます。 さらにこちらの医院では、本人以外の相談も受け付けています。「家族の様子が最近気になる」という相談が気軽に出来るため、初産後の女性のパートナーからの相談も増えています。

産後うつの具体的な症状とは

産後うつとはその名の通り産後の女性が陥りやすい精神的な病気で、一般的なうつ病と似たような症状が現れます。 基本的に、うつ病の人がうったえる症状は睡眠障害や気分障害、記憶障害といった項目です。産後うつの場合もそれは同様で、寝つきが悪くなったり夜眠れなくなる、食欲がなくなりやる気が起きないといった症状が起きやすくなります。もちろん、これらの症状が出るか出ないかは個人差がありますし、産後うつの程度によっても変わってきます。ただ、これらの症状が悪化して日常生活に支障をきたすようになるのであれば早急に対処する必要があります。 産後うつの対処法としてはひどいものであればやはり専門の知識を持った心療内科などで治療を受けるのが一番です。保険が適用されますし、その治療内容によっては書状の悪化をある程度抑えることができます。

助けを求める

子育ては一人で行うものではありません。一人で抱え込むと、産後うつになる可能性が出てきます。周りの助けてもらうことで、うつ病を回避することや予防する事が出来ます。

詳細を読む

違いを知る

産後うつとマタニティーブルーでは、違いがあります。その違いを知っておくことで、治療方法が異なります。また、産後うつの症状がひどいときには、医師に診察してもらうことが大切になります。

詳細を読む