ご相談下さい

病気を知る

産後うつとはどのような病気か

出産後の女性は母親になった喜びに満ち溢れ、少々大変だが幸せに感じる子育てを行っていくと夢描くものかもしれませんが、ここに大きな病気が潜んでいたのです。「産後うつ」と言われる病気で、「マタニティーブルー」とも言われる事があります。神経質な方や、頑張り屋の女性に多いと言われる病気で、そのメカニズムについてはまだ詳細な事はわかっていません。ただ出産と同時に多くのホルモンを消失するために起こるホルモン失調症が原因ではないかと言われています。この産後うつの状態になると、異常な発汗や不条理なイライラやいらだち、不安や食欲不振に陥ります。また産後うつの症状を軽視し放置すると、慢性化する可能性があり、本当のうつ病になってしまうという怖い病気です。

様々な対処法を知ろう

産後うつのメカニズムが詳細に解明されていないのですが、有効ないくつかの対処法があります。ホルモンバランスが誘因する病気ですが、出産後の母親には過度のストレス(夜間の授乳の為に眠れない、外出が自由にできないなど)がかかっているため、これを回避するために、ご主人様や他のご家族に相談して、ゆとりの持てる生活を心掛ける事が良いでしょう。また行政運営の子育て支援センターや役所の子育て課などに専門のカウンセラーや保育士が配置されているところも多く、そこからアドバイスをもらう事が出来ます。出産した産科や症状がひどい場合(育児放棄や自傷他害の危険性)は迷わず精神科や心療内科などの、精神科専門医の診療を受けることをお勧めします。