ご相談下さい

助けを求める

1人で悩みを抱え込まないこと

産後うつ、という言葉は最近になってようやく浸透してきたものです。 それまでも、もちろん産後うつの症状あはあったのですが、甘えてるだけだといわれることが多く、多くの女性を苦しめてきました。 産後うつは、自分のせいではなく、産後のホルモンバランスの乱れが、心に影響を及ぼしていると言われ、誰にでも起こりうる可能性があります。 意味もなく悲しくなったり、意味もなく落ち込んだり、生まれたわが子がかわいく思えなかったり症状は様々で、自分の意思ではどうにもならない物なのですが、自然と治まっていくものでもあります。 なので、産後うつを乗り切る為の一番の方法は、まず周りにいる家族に「産後うつ」を知ってもらうことです。 家族が自分の心の状態を理解し、受け止めてくれることが一番の薬なのです。

家族が何よりの支えになる

産後うつの症状は人によって様々で、中には何の症状もない人もいますが、ひどい症状になると手を上げてしまったり、虐待につながる可能性もあります。 それを防ぐ為にはやはり、周りに産後うつというものが、自分の意思に関係なく起こりうるということを知ってもらう必要があります。 そのための取り組みとして、産院や自治体などにおいて、母親教室ならぬ父親教室の開催が増えてきています。 妊娠出産によって起こる、母親の体と心の変化を知ってもらい、一番の支えになってもらう為です。 それによって、産後うつやマタニティーブルーについて理解してもらうとともに、産前産後の父親の役割が、いかに重要になってくるかを知ってもらうことが出来るのです。