ご相談下さい

違いを知る

産後うつとマタニティーブルーの違いと危険性

産後うつはマタニティーブルーよりも深刻な状態です。マタニティーブルーは産後2,3日から3割〜5割の女性が経験します。抑うつ状態や不眠、情緒不安定などの症状がでますが、一過性のもので産後10日くらいになれば自然と元に戻ってきます。しかしマタニティーブルーがよくならないと産後うつの可能性が出てきます。産後うつは産後数週間から数か月、症状が続きます。重度になることは稀で精神科にかかる必要はない場合が多いです。一番の解決策は夫や家族のサポートや理解です。特に初産の場合、初めてのことだらけでの不安感もあります。しかし産後うつはれっきとした病気でもあるので、少しでも異変を感じたら産婦人科医などに相談するようにしてください。

産後のうつの向き合い方

産後うつの症状がひどくなってきた場合、早急に医師に相談してください。抗うつ剤や睡眠薬などの処方を受けたり、カウンセラーによるカウンセリングを受けられます。重度の症状が出てしまった場合、入院ということもありえます。また、少し症状がよくなってきたからとぱたんと通院しなくなると再発の可能性もあります。きちんと治療を受け完治させるようにしてください。また長期的なフォローも大切です。なぜなら、母親がうつ症状をもったままだと子供の心の発育にもネガティブな影響を与えてしまいかねないからです。早いうちにうつ状態を改善させ、子供に対するケアも十分に行ってあげてください。うつになってしまうというのは決して心が弱いからではありません。あかちゃんにとってお母さんは唯一無二の存在です。自分のことも大切にしてあげてください。